上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.24  体質
社風とか、会社の体質とかってどこで決まるのかな、って考えてた。
会社がだめなとき、会社の中にその原因があるとしたら、そこを変えたら直るのかな、と思って。社員が悪いなら社員を総とっかえしたら変るか?それとも社長が原因なら・・。それとも会社の立地条件がなら。。。etc...

唐突に、社員を植物に例えることを思いついた。土は会社の環境、社長は水と太陽。養分は給料とやりがいか?

高く売れるが、手間のかかる作物、スイカだとか、高い花とかは、いい社員、しかし、手をかけてやらないといくら種が良くても枯れてしまう。雑草はだめな社員。ほっといてもどんどん伸びて、他の植物にまで悪影響が。

いやいや、、、社員は人間だ。足も手も口もついているので植物よりは自由にできる部分もあるし、意思もある。しかし、その割には不自由な毎日を強いられているように見える今日この頃。なんのための足や口なのか。

結局、与えられた環境(ふきっさらしか、ビニールハウスか)に頼りきり、世話をしてもらえるかどうか、にただ左右される毎日。

でも、じゃがいもの種に生まれてしまったら、一生じゃがいもだけなのだろうか。他の物をつけることはできないのだろうか。。。

そして、実をつけるというのは何をさすのだろうか。

そういうことについて考える時間が今、もっと必要な気がする。変えることができないことが多い体質。肉体的な部分でもそうだ。太りやすいとか、病気になりやすいとか、冷え性だとか。でも、きっと変えることができると思う。「今」に甘んじることさえ無ければ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://xbee.blog62.fc2.com/tb.php/14-f17efc24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。