上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.24  自分の内面
人は時に、八方美人とか二重人格とか囁かれることがあるが、実際のところ、どこの誰でもない、自分は他人からどう見られているのだろうか。ざっくり分けてしまうと4層くらいになるのではないかと思う。
第1層はまさにうわっつら。初対面のときに相手に与える印象。自分側もあまり自分らしさを出さないことが多いので、特に社会人になってからは無愛想に見えたり、怖そうに思えたりすることも多いかもしれない。「無愛層?」笑えなくもない。

第2層は友好的層。一番人から見えている時間が長く多いと思われる。つまらないジョークを飛ばしたり、趣味の話を熱く語ったり。友人たちと遊んでるときに見えがちな層。お気楽層。

第3層はさらに内面。基本的にギャグはない。ここの文章を書いているのもこの層である場合が多い。ごくまじめなダークな話題をしたり、一人で悶々と考えたりしているのはこの層である。ここの私と会ったことがある人はかなり少ない。一言で言うなら頑固層。

一番の内側の第4層。ここは自分でも自覚していない部分だと思う。何を考えているか分からないし、どう行動するかも分からない。よくいうキレル、とかいうのもこの層であるのかもしれない。自分でも自覚できない自分のいる層なのでなんとも言えない。

自分が今誰かと話をしているとき、どの自分がどう見えているのか、ということを意識するのは楽しい。さらに細かい自分らしさが見つかるかもしれない。意識を常に配るのはしんどいことだが、それなりの見返りもあるのではないだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://xbee.blog62.fc2.com/tb.php/6-4d093b32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。